【日本三大東照宮】仙波東照宮~川越市小仙波町

喜多院と中院に、しだれ桜を見に行った折に仙波東照宮(せんばとうしょうぐう)にも立ち寄りました。

仙波東照宮は、日光東照宮、久能山東照宮と並ぶ日本の三大東照宮として知られています。国指定の重要文化財でもあります。

さっそく、本殿を見に石階段を登りました。

仙波東照宮 階段

階段を登ると目に入る「葵の御紋」

葵の御紋

結構な高台になりますが、人工的に盛り土された高台だそうです。上には、川越市のガイドさんがおり色々説明していただきました。

仙波東照宮敷地内

1638年(寛永15年)の川越大火で焼失しましたが、徳川家光の命により幕府によって再建されました。江戸時代を通じて、社殿や神器等すべてが江戸幕府直営だったそうです。

仙波東照宮

本殿周辺には、歴代の川越藩主がささげた石灯籠が並んでいます。

仙波東照宮

案外、知られていない感がありますが、日本の三大東照宮のひとつ「仙波東照宮」場所的には、喜多院と隣り合わせていますので、喜多院に行かれた際には、ぜひこちらもご覧になってみて下さい。

仙波東照宮の地図

川越第一ホテルからは、徒歩約18分程度で、方角的には喜多院の手前あたりです。

このホームページからのご予約が最安値でご宿泊いただけます。ベストレート保証 当ホテルのご予約は、公式ホームページからのご予約が最安値であることを保証いたします。 全室インターネット完備 有線LAN+WiFi使い放題無料! ホテル敷地内に50台の駐車場 大型バス・工事車両も楽々ご駐車いただけます。 受験生の宿としてご好評いただいております。モーニングコール・受験場所のご案内・お荷物お預かり 団体様の受け入れも万全 全154室、川越地区最大級のキャパシティ
Scroll Up